ピザ釜の制作過程を紹介します!二層式のドーム型です。

土台は、土を10cmくらい掘り、砂利を敷き、踏み固め、セメントで固めました。

そこに、鉄筋をさして、ブロック並べ、ブロックの中にも、セメント流し、3段積み重ね。

寸法測って、型枠作って、セメント流し固めたものを、天板にし、その状態がこちら。(ここまでの写真忘れました)

ピザ釜
ピザ釜2
ピザ釜3

ちゃんと水平も測りながらね~

そしたら、耐火レンガを敷き詰め
ピザ釜4
ピザ釜5
ピザ釜6

一段目、二段目までレンガを積んでいく

ピザ釜10
ピザ釜12

3段目は切り欠いたレンガを積んでいく

ピザ釜13
ピザ釜14
ピザ釜15

お次は、またまた型枠作って、焼き床パネル作ります。
ピザ釜16
ピザ釜17

流し終わったら、四隅たたいて、中の空気を出します。

固まったら、一部を切り欠きます。ここの隙間から、熱気が上に上がるのです。

焼き床パネルをはめる。結構の重さなので、二人でやったほうがいいです。一人でやったら、プルプルしてました。笑

ピザ釜18
ピザ釜19
ピザ釜20

お次は、コの字に切り欠いたレンガ二つを向かいあわせ、煙突にします。

ピザ釜21
ピザ釜22
ピザ釜23

上の方は、ドーム型にするので、丸くレンガ積んでいきます。

ピザ釜24
ピザ釜25
ピザ釜26
加工したレンガで入口作ります。
ピザ釜27
ピザ釜28
ピザ釜29

さぁてここから、ドーム型に作る正念場です!

木っ端と、砂でドーム型にカタチを作っていきます。
ピザ釜30
ピザ釜31
ピザ釜32

一応、重みが心配だったので、ジャッキで焼き床を支えてます。

その上に、濡らした新聞紙をかぶせ
ピザ釜33

耐火セメントを塗りまくります~
ピザ釜34
ピザ釜35

これが固まれば、ドーム型に

念のため、2日くらい乾かしました。

そして、中の土と木っ端を取り出す。
ピザ釜36
ピザ釜37

綺麗に抜き取ったのがこちら
ピザ釜38

ピザ釜39
ピザ釜40
ピザ釜41
ピザ釜42
これで完成です!!のまえに

火入れをして確認します。
ピザ釜43
ピザ釜44

所々、煙が出てくるので、耐火セメントで補修します。

去年、小さいピザ釜作って、温度がなかなか、上がらず、作り直しで、農作業ちょい早めに切り上げ、ちょっとずつ作り

2か月で完成です。

材料費は、前のピザ釜のレンガとか、あるもの使って、耐火セメントとか買ったり、足りないもので、約5万円でした。

みんなに、どうやって作るの?とかよく聞かれるので、

ぶっちゃけます。

実は、自分で作ってなくて、写真だけ撮ってました(ノД`)・゜・。

ていうのは嘘で

ピザ釜45

じゃーん!!こちらの本に教えてもらいました~

作ってみたいって方は、是非参考にしてみてください(^_-)-☆

うちに来た際は、焼き立てピザを食べながら、楽しく飲みましょう!!

ではでは~~

Pocket