とてつもなく嬉しい事がありました!!

五戸のサッカーイベントにて出店してきたんですが、今までのイベントなどで一番印象に残る出来事でおそらく一生忘れない事でしょう。

イベントは11時開始。
ヴァンラーレ八戸のホームゲームということもあり、緑のユニホーム着たサポーターがたくさん来てました。

周りの出店者は、その場で食べられるご飯物がほとんどで、
そこに、みやむ~のにんにく。はにんにく、黒にんにく、大豆や、母の手作りアクセサリーなどを販売してました。

12時を過ぎた頃だったでしょうか。

緑のユニホームを着た女の子が一人、おそらく小学校1年生くらい。
みやむ~のにんにく。店の前にやってきました。

「茹でた大豆食べてみる?アクセサリーもあるよ~見てみてね」

そんな問いかけにも、答えず、多分恥ずかしかったのかな。
しばらく見た後に走り去って行きました。

嫁と「アクセサリー欲しいけどお金持ってないから、お母さんとこに行ったのかな?」

とか話してました。

それから10分くらいたってから、走って少女が来ました。
右手を握りしめ、お金をもらって来たようです。

「かわいいアクセサリーいっぱい種類あるよ~」

そんな問いかけにも応じず、少女の見る先には、【にんにく一つ200円】

なんということでしょうか!!!

少女はアクセサリーではなく、にんにくが欲しくて戻ってきてくれたのです!!!

「好きなのにんにく選んでね」

そう言うと、何個かみて、一つ手にとってくれました。
そして、握りしめていた200円を受け取りました。

受け取った200円は、これまで感じたことのない想いが詰まった200円です。

周りのお店には、お好み焼き、焼きそば、かき氷、チョコバナナ、子供が好きそうなものばっかりです。
数あるお店のなかで、にんにく一つ一つ200円を選んでくれた少女。

おそらくお母さんに、にんにくを渡して料理してもらっていることでしょう。
その料理しているところも、お手伝いしてくれているかもしれません。
そして、にんにく料理を家族で
「いただきます。」
「美味しいね~」
「ごちそうさまでした。」と。

そんなことを考えていると嬉しく嬉しく、みやむ~のにんにく。をやっていたからこそ経験出来たことです。

本当感謝です。

「ありがとうございます!またね~」

と言ってあげ送り出しました。

少女は絶対にいい子に育ってくれるだろう!小学校1年生の子がお菓子などに目もくれず、にんにく一つ200円を買ってくれたのだから。

たくさんの方がにんにくを買ってくれ、売上も大事ですが、心が満たされた出来事でした。

【目指せ東京ドーム!農futureメルマガ】

農future全国のアツイ農家たちによる、メールマガジン。
メルマガだからこその情報満載!見逃せないですよー!

ご登録は下記よりお願いいたします!
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbbGrog

【みやむ~の作物販売】

◎みやむ~の大豆。 販売中 ◎

◎みやむ~黒にんにく。販売中◎

 

五戸イベント

 

 

Pocket