農家の平均年齢は67歳を超えている。
と言われても、イメージつかないだろう。
あと10〜20年したら、今ある田園風景、畑が見られなくなる。そして、国産野菜が食べられなくなる。

大げさに言っているのではない、田舎にいると、離農するという話はとてもよく聞く。

田子町のにんにくは、ブランドだ。
これも過去の物として
『昔はにんにくの産地だったんだよ』
となりかねない。

あと10〜20年したら、
『にんにくの事は青森の宮村ってやつに聞けばいいよ』
そうならなければいけないと思っている。

今ある自然、環境、人との繋がりを大切にしていきたい。

口から入る食べ物で、我々の身体はできている。
無添加、無農薬と最近よく聞くが、昔はそんなの当たり前だって話だよ。

現在、病院は混み、アレルギー、病気に悩んでいる人がたくさんいる。

何かを得て治そう、良くなろう。
そんな事より、何を避けるか!が大切なんだよ。

買い物は投票だよ。みんなが買い物する事で、その企業の資金になる。

一人一人が考えて、感じて、行動することで、世の中変わっていく。

最初の変化は小さくてもそれが、どんどん大きくなっていく。

日々、元気な事に感謝して、これからの子供、孫、そのまた孫たちの為に生きていこうよ。

Pocket