東京のとあるお店に、にんにくをサンプルとして送った。

まずは食べて頂きたくて。

送ってからは、連絡がなくなった。

思っていた、にんにくと違ったのだろうと。

東京に行ったときに、そのお店を通り道に見つけて、店内を覗いてみた。

なんと、

商品として、にんにくが売られているではないかっ!

自分のにんにくだから、どこからどう見てもわかる。

怒りがこみ上げてきた。

その日はそのまま帰ったが、怒りが収まらず、次の日またお店へ。

『このにんにく自分のなんですが!なんで売ってるんですか!?』

店員は事情がわからないようだった。

とりあえず残っているにんにくを、引き取り店をでた。

歩いていると知らない番号から着信が鳴り止まない。

追いかけてきた、店長か社長なのかが、謝りにきた。

なんか、言い訳みたいな事を言っていたが、もうそんなもんも関係ない。

『今後一切、取り引きはしないっ!』

そう言った。

にんにくは約10ヶ月畑にいる。

年1回の収穫。

そのにんにくをお金に変えて、生活してる。

農家なめんなよ!

って話。

普段はこんな投稿しませんが、こういう事実があり、今もこうしてる間も、そのお店が営業してる。ってことを伝えたくて。

やっぱり、直接、お話できる関係が1番ですね〜

あぁ、雪が降ったり止んだり〜

Pocket