たくさんのお手伝いの方々のお陰で今年のにんにく植え付け終了しました!

一日スッキリと晴れることはなく、雨が降って思うように進みませんでしたが無事に終了しました。
天気などもそうですが、【人間が自然に合わせていく】ということですね。

にんにく植え付けの合間、雨が降って畑を乾かしている時に、ジュネ(エゴマ)の収穫も終えました。
収穫時期を過ぎて、実がこぼれながらもなんとか、初めての事だらけでしたが、いやぁ人間って本当、手助けしかできないんですね。

作ってはいない。
作物のお手伝いをしている。

そういうこと~

にんにく植え付けるときに、双子のにんにく(鱗片が2つくっついている)のを割って一つにしていました。
なかを見ると、真っ白なにんにくの真ん中あたりに、芽が形つくられているではないですか!

しばら~く、見とれてしまいました。
神秘的というか、なんというか、、

だって、それまでは見た目にも何も変化ない、真っ白なにんにくだったんですよ。
そこから、芽を形成している。

その真っ白な部分には、発根し発芽し、にんにくになり、花を咲かせ子孫を残すということまでも、インプットされている。
種自身が発根、発芽のタイミングを図り、行きていこうとしている。

その瞬間を見ているようでした。

それは当たり前のことかもしれない。
でも、この当たり前なことが、目に止まり、自分自身のことを夢中にさせてくれた。

就農当時は農薬を使っていた。
その頃は観察する時間よりも、農薬を散布するタイミング、にんにくをあまり見ずに天気予報ばかりを気にしていた。
そのころの自分だったら、今の芽を出そうとしているにんにくを見ても、何も感じなかっただろう。

今では、にんにく畑、その周りの草、山、木々、空、夜の星空、太陽など、全てを見てそして、肌で感じている。

五感が研ぎ澄まされた。

鼻にも敏感になり、少し離れている所の堆肥の匂いや、農薬散布している匂いにも感じるようになった。

目に見えるものを信じようとするが、本当は目に見えないものの方が大事なんじゃないかと感じさせてくれた、にんにくでした。

【目指せ東京ドーム!農futureメルマガ】

農future全国のアツイ百姓、八百屋たちによる、メールマガジン。
メルマガだからこその情報満載!
みやむ~も書いてます。

ご登録は下記よりお願いいたします!
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbbGrog

ーーー【みやむ~の作物販売】ーーー

自然栽培にんにく、アウトレットのご注文はこちらから。

28年度産にんにく販売中!!!

Sサイズにんにく家庭用にどうぞ♪
Sサイズにんにく販売中

茹でた大豆はまるで栗のようにあまい!?

みやむ~の大豆。 販売中

定期購入はじめました~黒にんにくはこちら↓

みやむ~黒にんにく。販売中

にんにくの芽

Pocket