うちのトラクター。
クボタのL1-43

調べてみたら、自分と同い年、もしくは先輩らしい。

それはもう約20年ほど前、じいちゃんがなんとしてでも欲しくて、その当時、ばあちゃんと母親を説得し、いろいろとお金をやりくりして買ったトラクター。

『なんとしてでもこれじゃなきゃダメだなんだ』

と言っていたそうだ。
それは就農してから母親から初めて聞いた話だった。

就農して最初はトラクターの乗り方もわからず、親戚に教えてもらったり、YouTube見たりしてた。

畑に向かう途中、新しいトラクターに抜かれる事もある。

たまにすねてエンジンのかかりが悪い事もある。

キャビンもないし、今のトラクターに比べたらエンジンの音もうるさい。

でも、じいちゃんが乗ってたトラクターが好きなんだ。
自分がじいちゃんになるまで乗ろうと想っている。

誰にいくらで売ってくれと言われても、一切売るつもりはない。
壊れたら直すし、ちゃんと面倒みていくつもりだ。

畑を耕し終わったときは、必ず洗ってあげる。
毎回洗うと逆に錆びるという人もいるが、毎回洗ってあげる。

だって、畑を一生懸命に耕して土まみれになっているのだから。
ロータリーをあげ、爪の一本一本を丁寧に土を落とし、水で洗う。
タイヤも、下回りも、ボディも。
毎回ではないが、ワックスもかけてピカピカにしてあげる。

作物だけではなく、トラクターだって、機械だって、ちゃんと気持ちが伝わる。

道端で雨ざらしのトラクターや作業機を見ることがある。
一時的に外に出さなくてはならないのは、しょうがないが。

間から草が育っているような所も見えると、悲しくなる。

普段は雨ざらしで、作業機のときだけ、出動。
もちろん錆もでてくる。
やはりそうなると、早く壊れる。
錆やメンテナンスもそうだけど、やはり一番なのは、気持ちがないってことが壊れる原因だと感じる。
トラクターは工場から、各農家に行き畑を耕す。
でも、トラクターって乗っている時間よりも、遥かに多い時間動いていない。ほぼ止まっている方が多い。
まぁ規模にもよるが。

自分の場合は収穫のとき、植え付け前の耕す時。ローダーついてるから大雪降って除雪の時。
1年でのトラクターの出番はこんな感じ。

今年、導入した、にんにくハーベスター。
収穫のときの作業機。

今までだったら、にんにくの葉を切るトラクター1台。
にんにくを掘り出すトラクター1台。
の計2台が必要だった。

ハーベスターはこの2台の役目を1台でやってのける。

作業機ってのは、どんなトラクターにもつくというものではない。

ハーベスターでいうと40馬力以上のトラクターでしか使えない。
そう、うちのは43馬力。

『なんとしてでもこれじゃなきゃダメだなんだ』

じいちゃんは知っていた。
その当時、子供だった孫が、農家になりこのトラクターが必要になるってことを。

 

もうすぐにんにくの植え付け。
その前にトラクターで畑を耕す。
そして、感謝しながら隅々まで洗う。

さぁ、にんにく植え付け、大豆、エゴマ収穫、稲刈り、と忙しくなってきました。
お手伝いは年中受付中です。

うちの畑で一緒に愉しみましょう!

 

【目指せ東京ドーム!農futureメルマガ】

農future全国のアツイ百姓、八百屋たちによる、メールマガジン。
メルマガだからこその情報満載!
みやむ~も書いてます。

ご登録は下記よりお願いいたします!
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbbGrog

ーーー【みやむ~の作物販売】ーーー

残り僅か小さい可愛いタマコロにんにく
タマコロにんにく販売開始

自然栽培にんにく、アウトレットのご注文はこちらから。

28年度産にんにく販売中!!!

Sサイズにんにく家庭用にどうぞ♪
Sサイズにんにく販売中

茹でた大豆はまるで栗のようにあまい!?

みやむ~の大豆。 販売中

定期購入はじめました~黒にんにくはこちら↓

みやむ~黒にんにく。販売中

L1-43

Pocket