3月12日、五戸の豊川農園で、東北食べる通信、長芋の出荷祭りが行われました!

《食べる通信》とは??

食材付き月間情報誌。

その内容は生産者の思い、哲学、こだわり、料理方法など普段スーパーなどでは知り得ない情報が満載です。

読者さんに向け、長芋を発送するのが今回、出荷祭りという形で、生産者とともに作業するのです。

 

今回の生産者さんは、

五戸町、豊川農園の豊川さん

三戸町、乗上さんですっ!!

皆さんが集まって、自己紹介をし、作業にかかります。

出荷祭り

出荷祭り

長芋を洗う機械の説明。昔の機械と今の機械との違いを体験します。

出荷祭り

昔の機械は一本一本、手に持ち回転するブラシと水で洗います。そのため、折れてしまう事もあるんだとか、洗う作業は技術が必要でした。

今の機械は回転するブラシのところに置くだけで誰でもできます。

写真がなくてわかりづらいですが、、、

一通りの説明、体験を済ませたら、皆さんで出荷作業!

 

 

発送作業もそこそこに、自分は、キッチンをお借りし、豊川さん奥さんと料理してました。

長芋の天ぷら、長芋のサラダ。

みやむ~にんにくと大豆の自家製ドレッシング、そのドレッシングで一晩、鶏肉に浸けて、唐揚げ。

みやむ~の大豆で作った納豆。

八戸市、静岡屋、鰹節、生ふりかけを使って混ぜご飯。

新潟の百姓仲間、ぬながわ農園、宮原さんのお米。

南郷の南風農園、水野さんの人参サラダ。

といった感じで贅沢な昼食になりました。

出荷祭り

豊川さん自身が長芋をすりおろして

出荷祭り

皆さんで頂きました。

うーん、贅沢な一時♪

みんなで食べると美味しいんです!!

昼食を終えると、畑に移動。

収穫体験。

出荷祭り

トラクターの後ろに着いていると、長芋がぬくぬくっと出てきます!

出てきたら手で収穫!土をある程度取って箱に入れます。

出荷祭り

いつもやっているおばちゃんは無駄のない動き。

出荷祭り

笹本さんも体験します♪

出荷祭り

トラクターの後ろには腰掛けるのにちょうどいい、土の椅子が出来上がってました。

モデルのお二人は、東北食べる通信のスタッフ、小野寺さん。インターンで福岡から来ていた鶴ちゃん。

出荷祭り

濃い三人で写真撮影。

みやむ~。十和田大好きっ子、矢部ちゃん。新規就農目指して豊川さんとこで勉強中の奥君。

出荷祭り

集合写真。長芋ポーズでパシャッ!!

長芋の作業を体験してみて、にんにくも重いが、長芋も重い!!

しかも、雑に扱うと簡単に折れてしまう。。。体幹を鍛える筋トレでした。笑

 

百姓の想いを紙に書いてきて欲しいと宿題があり、乗上夫妻。

出荷祭り

便乗して自分も書いてきました。

mokuhyou

どーーーーーーん!!!!!

青色の線は現状。赤色の線はこれからを表してみました。

嫁さんにイラストはお願いしました。

 

夜は八戸で懇親会。乗上さんの同級生のお店「小雪」にて。

その後も、お店を変え、気付けば日をまたいでました。

写真一枚も撮ってない。。。

 

新規就農する、奥君に向けメッセージ。

乗上さんも、豊川さんも、自分も。

共通してました。

「生き様」

ということ。これからもワクワクで楽しみながらも、頑張りますぜーーーー!!!

出荷祭り

出荷祭り

出荷祭り

にんにく畑の様子はというと。

まだ雪のお布団をかぶってました。

田子町でも溶けて土が見えているところも多いのですが、うちの畑は標高が高いところなので、まだのようです。

さぁて作業小屋の片付けでもしますかなぁ~!

ではでは~

 

 

 

 

 

 

 

Pocket