収穫はじめから約10日。

収穫作業全て完了しました。

前半はすっきりしない天気で雨でも作業してました。

今までの収穫は、まずはにんにくの茎を切るトラクターが走り、その後、人力でマルチ(農業用ビニール)を剥ぎ取り、そして、収穫用のトラクターが入り、収穫。

トラクター2台、そして人力でマルチ剥ぎ。
畑での作業に人手が多くかかって、一日の予定も思うようにいかないこともありました。

しかーーーーし!!

今年からデビューした、ニューマシン。
にんにくハーベスター!

このニューマシンは、トラクター2台分の仕事を一台でやってのけてくれます!!
茎のある状態から畑に入れて、しかも、マルチは後ではぎ取ることもできるので、畑には最低、トラクター運転手と、後ろについて作業機を見てくる人で2人でオッケーなのです。

作業機自体はやはり高い!!!
でも、人手とこれからの事を考えて購入を決めました!

買う前にいろいろ調べにんにくハーベスターはどのトラクターでも付けられるわけではないみたい。
40馬力以上のトラクターでなければ取り付けられないと書いてある。

幸いにもうちにあるトラクターが43馬力。

でも去年から使用している人に、
「50馬力以上ないと引っ張れないんじゃない!?」
と言われましたが。
根拠の無い自身があり、いけるでしょ!!と。

いざ畑で、作業開始すると、慣れない作業で一日目は雨ということもあり、大苦戦。
最悪なコンディションでスタートだったので、晴れてきてからはスムーズに!

なによりも、畑での収穫作業、去年よりみんなが体力的に軽減されました。

もう、革命と言ってもいいんでは無いでしょうか!

43馬力のクボタトラクター。
じいちゃんが残してくれた大事な大事な宝物。

このトラクターを買うとき、じいちゃんは
「どうしてもこのトラクターじゃなきゃダメなんだ!」
と言って、ばあちゃんや母ちゃんの話を聞く耳を持たなかったそうです。

にんにくハーベスターの機械自体はここ5~6年で発売された新しい機械です。

でも、じいちゃんはその時わかっていたんだ。
その当時、自分は生まれて間もないか、小学校に入る前。
孫(祐貴)がにんにく農家になり、40馬力以上のトラクターがあったほうがいいことを。

じいちゃんのメッセージが胸に響いてきます。

じいちゃん、ばあちゃんに恥じないよう、いいにんにくを。立派な百姓に。

なるっ!!!!!

 

【目指せ東京ドーム!農futureメルマガ】

農future全国のアツイ百姓、八百屋たちによる、メールマガジン。
メルマガだからこその情報満載!
みやむ~も書いてます。

ご登録は下記よりお願いいたします!
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbbGrog

ーーー【みやむ~の作物販売】ーーー

自然栽培にんにく、プレミアム、アウトレットのご予約はこちらから。

28年度産にんにく予約開始!!!

茹でた大豆はまるで栗のようにあまい!?

みやむ~の大豆。 販売中

甘いっ!!もはやにんにくとはわからない!?黒にんにくはこちら↓

みやむ~黒にんにく。販売中

にんにくハーベスター

 

 

Pocket