にんにくは3週間の乾燥、1週間の選別作業を終えたところです。

これからの流れは、にんにく専用冷蔵庫に入れます。
そして、発送分のにんにくの皮むき作業にやっと入れます。

今週、皮むき作業して来週には発送できる予定です。
もうしばらくお待ち下さい。

ご予約受付中です。
お支払い方法が増え、代金引換、クレジットカード、電子マネー払い、ネットバンキング、がご使用いただけます。
よろしくお願いします。

 

さてさて、にんにく収穫から約一ヶ月が経ちました。
畑のほうはどうなってるかというと、就農したての頃は緑肥を播いたりしてました。

昨年からは、草を生やしております。
知らない人が見れば、「畑に草生やして」なんて思うかもしれませんが。

あえて、草を生やしてます!

草はそこの畑に必要だから生えてきます。
おもしろいもので、畑ごとに生えてくる草の種類のがまるっきり違います。
ほんの数メートル離れてるだけでですよ!?

一ヶ月弱経った今。
少しづつ草が成長してます。
我先にと、「ここは俺が!!」と言わんばかりに、草の生命力にはびっくりします。

今日は畑が一望できる一番眺めのいい畑から写真を撮りました。
この写真を説明します。
手前の畑は化学肥料。堆肥、農薬をなにも使用しなかった、植えただけの畑。
手前から2番目の畑。微生物肥料を入れ、化学肥料、堆肥、農薬を使用しなかった畑。
手前から3番目の畑。化学肥料使用、堆肥、農薬を使用しなかった畑。

さて、皆さんはどうように感じますか?

近くで畑の土を見た時は、色の違いに気づかないくらいでした。
しかし、離れてみて驚きました。

ここまでハッキリとわかるものかと。

窒素がどうとか、リン酸がどうとか、どっかの教授の文献だとか、今年の気候がとか、、、、
上げればきりがないくらい、いろんな事が考えられると思います。

いろんな事は考えられる中。

頭ではなく、知識ではなく、身体で感じました。

あまりにも、不自然な畑の色。

化学肥料を使用して無農薬でやっても、自然は正直なのだと。

2020年までに全ての畑を切り替える!
その気持がより一層強まり、また一つ、感じさせてくれた自然に感謝です。

 

【目指せ東京ドーム!農futureメルマガ】

農future全国のアツイ百姓、八百屋たちによる、メールマガジン。
メルマガだからこその情報満載!
みやむ~も書いてます。

ご登録は下記よりお願いいたします!
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbbGrog

ーーー【みやむ~の作物販売】ーーー

自然栽培にんにく、プレミアム、アウトレットのご予約はこちらから。

28年度産にんにく予約開始!!!

茹でた大豆はまるで栗のようにあまい!?

みやむ~の大豆。 販売中

甘いっ!!もはやにんにくとはわからない!?黒にんにくはこちら↓

みやむ~黒にんにく。販売中

畑

Pocket