4月23日東京 早稲田スコットホール 

農FUTURE #5

 

日本中の熱い農家20人が農に対する熱い想いをプレゼンテーションする!

農FUTURE#5

この会場に200人のお客さん満員。。。

こんなにも緊張することがあっただろうか。

会場には続々と全国各地から、農家が集まってきた。

初めて会う人がほとんどだったが、初めてじゃない感じがした。

みんなで「やべー緊張してきたー」って言ってたら

始まった!!

 

 

農FUTURE#5

農FUTUREメンバー挨拶から始まり

農FUTURE#5

すぐにプレゼン!!!!

農FUTURE#5

トップバッターは元自衛官、落下傘特殊部隊、石川県で自然栽培野菜と加工品の松村さん。

5分はあっという間だった。

そして次々とプレゼンが続いた。

第2部、12番手の自分はここから写真を撮る余裕がなかった。

休憩時間、会場では物販も開催。

皆さんの野菜、加工品がならんで、皆さんが列をなして買い求めていました。

農FUTURE#5

自分は、にんにくと黒にんにくの、農FUTURE特別セットを販売しました。

直接お客さんと話すのは、楽しいし、質問などもされるので自分も勉強になります。

第2部のスタート!

笑点ならぬ農点♪

「農と食」をテーマに何個かの謎かけなど笑点形式でお笑いありで面白かった♪

農FUTURE#5

そしてついに

「エントリナンバー12番、青森県にんにく農家、見た目は怖いが、、、」

とそんな感じの紹介でいざ登壇!!!

農FUTURE#5

プロジェクターには畑の写真を。

農FUTURE#5

・内容はなぜ、にんにく農家になったのか?

・じいちゃん残してくれたノート、にんにくの事。

・目標など。

あっという間のような、長かったような5分が終わった。

最後のプレゼンターは中川 吉右衛門さん

農FUTURE#5

はじめは少し話して

上着を脱ぎ、鍬で耕す動きを繰り返し繰り返し繰り返す。。。。

農FUTURE#5

5分のうち2分以上はやっていたんじゃないのか

「エイッ!先祖の方々がこうやって、エイッ! 来る日も来る日も エイッ! 鍬で耕してきた エイッ! 畑に化学物質を撒けますか?」

その言葉に、胸に突き刺さるような衝撃が走って、泣きそうになった。

体を張った吉右衛門さん!!

 

 

みなさんのプレゼンが終わり。

内海 聡 医師による特別講演。

農FUTURE#5

ストレート過ぎる話が面白かった。

やっと自分の出番が終わって、内容が素直に聞けるようになってた。笑

最後は表彰式!

部門別に優秀賞2名、最優秀賞1名。

農FUTURE#5

最初の発表。

農FUTURE新人賞

どぅるるるぅぅぅどんっ!

「みやむ~のにんにく。みやむら~ゆうき~」

農FUTURE#5

なんと!?!?!?

農FUTURE新人優秀賞頂きました!!!!!

その後も発表は続き

プレゼン最優秀賞の発表!

またしても!?!?

農FUTURE#5

ダブル受賞しました!!!!!

農FUTURE#5

そして、内海先生から

「練習したの?」

「はい、畑で練習してました!(*ノω・*)テヘ」

にんにくたちに練習を聞いてもらったお陰だと思ってますm(_ _)m

 

第1回農FUTURE賞は、新潟県のぬながわ村農園、宮原 大樹さん!!

農FUTURE#5

去年は約8反の田んぼを、手植え、手刈り、天日干し!!

今年は1町3反、自他ともに認める、変態!!!

宮原さんもダブル受賞!

宮原さんのお米は美味しいんだぁ~♪

 

そしてイベントは終了し、懇親会♪

農FUTURE#5

農と音楽は切り離せない♪

バンド演奏で盛り上がりました♪

その後も2次会→3次会と、、

2時を回ってました。

農FUTURE最高です!!!!!

 

 

そして農FUTUREにご来場のお客さまの投稿から引用させていただきます。

 

 

私は農家に限らず何かを作れる方に敬意を払っているので興味を持ち、出かけた次第です。

登壇者は代々続く農家の方、新規就農した方、この会に刺激を受けて売る側(八百屋さん)になった方など様々。ゲストスピーカーにはお医者さまも。全ての登壇者が自信と誇り、信念を持っていました。

日々の作業は広大な土地で途方もない作業をして孤独だったり、暑い寒い、気候に左右されるなど大変だと思います。それを投げ出すことなくやり遂げて消費者に季節ごとの大地の恵みを提供してくださる皆さまに感謝。

今日一番いいと思ったのは人を認める、頑張っている人をほめる場面があったことです。お礼を言われるとか、お金を払われるとか、認められ方って色々あると思うけど、もし私が広い畑でいつもいつもいつも一人で仕事してて、ある日大きなトロフィーをもらったらとても嬉しいし。

本当はわざわざ表彰式をやらなくても、普段からこういう人たちが敬意を払われて価値を認められるのが一番いいんだと思うし、農や食に感心の薄い方も、提供者の方々に理解を示し、自然と敬意を払うようになるともっといいなとも思いました。

 

↑↑このように思ってくれ行動してくれる人が増えてくれることを嬉しく思います!!

自分もこれから、このトロフィーに恥じないよう、ワクワクを創造しながら頑張りますぜーーーー!!!

 

あっ!!そうそう、東京の電車、新幹線をトロフィーを持ち歩くという、なかなかできない経験もさせていただきました!!

農FUTURE#5

農FUTURE#5

 

 

【みやむ~の作物販売】

◎平成27年産 みやむ~のにんにく。販売中◎

◎平成27年産 みやむ~の大豆。 販売中 ◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket