農FUTUREの時、電話がなっていたが、出れなかった。

メールで母親に代わりに連絡取ってもらった。

「お米の芽がでたってよ~」

と嬉しい報告。

東京から戻り、育苗をお願いしている方のところへ。

芽がでました

おお~~~~~!!!!

右奥の色が薄い所が、うちのお米です。

泥消毒→無肥料の土。

周りは慣行栽培です。ここまでハッキリとわかるんだ!!

播種

↑これが播種した時。

育苗お願いしている方に、

「育ちが遅いけど大丈夫かな?」

と心配されてましたが、

「今、一生懸命に根を伸ばして張っているところだと思います。ゆっくりですが大丈夫ですよ」

お願いしている方はとても、理解のある方で、自然栽培のお米をやりたい新米農家に、快く協力してくれます。

その御方は、いつも「なんでだろ?」の繰り返しです。

どんなことに対しても興味が尽きないそうです。

 

自分は農法、栽培方法がどうとか、批判しても何も生まれないと思います。

今までやってきた先輩方のやり方、意見を真っ向から反対しても、それは、失礼です。

お互いに興味はあり、聞きたいけどプライドがあって聞けないかもしれません。

100人の農家さんがいたら100通り、もしくはそれ以上のやり方、信念などがあります。

人それぞれ尊重しあうこと。

わからないことは素直に聞くこと。

だと思ってます。

芽がでました

めんこい。めんこい。お米たち~♪

ありがとう!!!!!!

 

【みやむ~の作物販売】

◎平成27年産 みやむ~のにんにく。販売中◎

◎平成27年産 みやむ~の大豆。 販売中 ◎

 

Pocket